商いを通じて人と社会に貢献する徳島のふじや
ご挨拶
---
商いを通じて人の幸せと
社会への貢献を追及する。
代表取締役 社主
鍛谷幸一 (かじたに・こういち)
鍛谷幸一

ふじやに関わるすべての人たちが幸せになるために。
私たちは、このふじやを社会の一隅を照らす会社、つまり社会に必要とされる会社となることを事業展開の基本方針としてきました。
“食”を提供する仕事を通じて、来て頂いたお客様に喜びを提供すること。
お取り引き企業様とも良い関係をつくり、「ふじやと取引してよかった」と言っていただくこと。
そして、弊社の社員が仕事にやりがいを持ち、満足できる待遇を実現すること。
そうした幸せな関係に支えられて、グループ自身が大きく成長していく。
関わるすべての人々に幸せになって欲しい。これが私たちふじやの守り続けてきた想いなのです。

念ずれば、花開く
本社の前にある石碑の言葉は【念ずれば、花開く】。松山の詩人の言葉をお借りしています。
私一人の力でここまできたわけではありません。
従業員の力が一つにまとまって、ここまで弊社は成長してきたのだと考えております。
“人生は長いようで短い”一人よりも二人、二人よりも三人で力を合わせていくほうが、より早く、大きな夢をみることができる。
そして企業は人によって支えられており、あくまでも人の成長に合わせて、企業は拡大していく。だからこそ人財がすべての基本であると考えています。
私たちがまだ企業規模の小さかった頃から人財教育への投資を惜しまなかったのはそこに理由があるのです。
今までもこれからも人財が、弊社経営の基本です。人がどんどん育つ仕事環境、一生懸命になることができる夢や目標に対する希望、そうしたことをつくっていくことが私の仕事であると考えています。

企業経営という視点からみれば、立派な社員であってくれれば立派な会社は実現できます。
しかし、私はこれからさらに上質な経営を目指したいと考えています。
企業というものは、その企業を支持してくれるお客様や社会によって支えられています。
そうした恩恵を受けている以上、社会にとってより存在価値のある企業とならなければなりません。
そのためにも社員には社会人として立派な人間に育ってほしい。
立派な社会人を育てることが企業にとって、最大の社会貢献であると考えます。
社員が人として深まりを持つ、そうすることで企業はさらに前進し、より深さが増していく。
外食産業の基本である「人に尽くすサービス」というものは、そうした深まりのある人財によって実現されるのです。
私たちふじやは未来永劫、社会からもっともっと高い評価をしていただける存在価値のある企業へと邁進してまいります。

---
 
---
みんなの成長をもって
大きな夢や目標を実現できる
会社でありたい。
代表取締役 社長
木内善信 (きうち・よしのぶ)
木内善信

私たち[ふじや]は、徳島・香川・兵庫を中心に中四国へと広がる外食産業主体の企業です。会社を一言で表現すると従業員一人ひとりの成長を最重要として取り組んでいる会社です。
他の企業と少し違うところは、力をつけて独立したいと手をあげる従業員には会社全体で支援していくところです。私たちは従業員の方が、夢や目標を実現できる機会を与えられる会社でなければ社会に存在する価値がないと考えています。
多くの従業員が独立や起業することによってまた地域へのお役立ちすることができる。多くの経営者を育てることが、私たち[ふじや]の使命と考えています。

私たち[ふじや]は、100年企業を目指しています。今、日本の企業寿命は、20年いや15年とも言われています。世の中に不必要なものはない。不必要なものは消滅していく。
[ふじや]が、世の中に永遠に必要なものでありたいと願っています。その為にはただ規模が大きくなるのではなく、質の高い会社でなくては100年企業となりえないと考えています。そのためにも、次代を担う熱意ある若い人たちを一生懸命育成していくことを最大のテーマとして日々努力しています。

---
PAGE TOP